10月の賃貸住宅価格は1.4%下落

Updated: Nov 19, 2020



スペインにおける賃料価格が減少している。

スペインの有名不動産ポータルが発表した最新の報告書によると。10月にスペインにおける賃貸価格が1.4%下落し、1㎡あたり平均11,3ユーロ になりました。つまり四半期で0.2%の下落を表しています。しかし、前年比では賃料は再び5.2%上昇しています。

また同報告書では、利用可能な製品(賃貸物件)の供給が増えると価格が下がることを示しています。この現象は、市場が活発になればなるほど明らかになります。バルセロナやマドリードのように賃貸広告の数が倍増し、5月以降、それぞれ10.7%、6.3%の下落したのがいい例です。

なお、スペインで最も賃料の高い都市はバルセロナとマドリードで、同率です(15,7ユーロ/㎡)。どちらも5月に歴史的な最高値に達し、それ以降、バルセロナの場合は10.7%、マドリッドの場合は6.3%減となっています。一方、スペインで最も賃料の安い首都はサモラで5.1ユーロ/㎡、次いでシウダーレアル(5.4ユーロ/㎡)、カセレス(5.5ユーロ/㎡)となっています。

まとめ

スペイン全体で賃料の価格が下落していますが、それでもバルセロナとマドリードは他と比較すると高い賃料が望めます。また昨年同月と比較すると上昇傾向にあるのでこれら都市での賃貸物件投資は依然としてリターンがあると思います。

  • Facebook
  • YouTube

Takumi Spain Copyright (C) All Rights Reserved