• タクミスペイン不動産

外国人がスペインで家を購入する理由



スペインは、外国人が家を購入したい国の一つとなっています。彼らの出身国よりも生活の質、気候、物価の安さなどが素晴らしく、また投資のリターンの良さは、居住するための住宅、または別荘を購入するための重要な要因です。

不動産登記所の最新のデータによると、外国人による不動産の購入は、2018年第2四半期の総取引の12.9%を占め、13.1%であった第1四半期をわずかに下回りました。2018年の上半期に、33,600以上の非スペイン人による購入が取引され、2008年の危機後にセクターが回復し始めた2014年以来の上昇傾向でした。



外国人がスペインで住宅を購入する理由?


不動産登記所 が示すように、外国人によるスペインの住宅の購入は、主要な顧客として英国人が取引の14.9%の割合を占めています。2番目にドイツ人が7.6%、次いでフランス人(7%)、ベルギー人(6.4%)、スウェーデン人(6.1%)、ルーマニア人(5.6%)、イタリア人(5.5%)、モロッコ人(4.5%)と続きます。このデータは、市民としてではなく、ここに少なくとも6ヶ月住んでいる、いわゆる恒常的ではなく一時的にスペインに居住する外国人を対象としています。

ピエール・サラマーニャは、フランスのピレネー=アトランティックのパウで生まれました。彼は経済学を学び、彼に自動車業界の仕事を提案した友人に導かれてスペインにやって来ました。「フランスで仕事を辞め、スーツケース一つだけを持ってスペインに来ました。」と振り返ります。彼はそれまでタラゴナの海岸しか行ったことがなかったのですが、バルセロナにやってきた時に街に魅了されました。「バルセロナの人々、気候、すべてにです! 私は30歳になる前にここでアパートを買いたいと強く思い、96年に私のパートナーであるホセとシッチェスで物件を購入したのです。」

しかし、彼の不動産投資はそこで止まりませんでした。「2002年にアスプルガスに別のアパートを購入し、2003年にはバルセロナの中心地、グラシア地区にレストラン El Rebost de la Plana を開店しました。「現在、私達は自然の真ん中にあるシッチェス近郊の家に住んでいます。私達は約2年前にその家を買いました。6ベッドルーム、庭とプライベートプールがある大きな家です。世間から遮断されて、家族や友人と素晴らしい時間を共有するのに最適な場所です。」とサラマーニャは付け加えます。カタルーニャにいて幸せであるにもかかわらず、「私の現在の目標は、できるだけ早くマヨルカ島に移り住むことであり、フランスに戻ったり、スペインを離れたりする予定はありません。」と彼は断言します。

どこで購入したいのか、その理由は?アリカンテ、コスタ・デ・ソル、バレアレス

アリカンテ県とその周辺コスタブランカは、特に別荘として、スペインの住宅に投資する外国人にとってお気に入りの場所です。気候、投資家の出身国との良好なアクセス - アリカンテ空港はライアンエアのスペイン本拠地になっています - が私逹の新しい隣人、特に英国人が住むためにこの地域を選択する主な動機の2つです。

コスタ・デル・ソルは、この新しい住民の大きなコミュニティを受け入れています。不動産の売買取引の28%はマラガ州で行われています。イギリス人、ドイツ人、中国人は、特に良い天候、アクセスのしやすさ、インターナショナルスクールの存在、物価の安さ、などの理由からこの地域の住宅に最も投資する人逹です。

バレアレス諸島、特にマヨルカ島は、ドイツ人と英国人のお気に入りの目的地となっており、彼らは島の不動産売買売買の多くを担っています。バレアレス諸島に居住するドイツ人の登録は近年急激に減少していますが、特に2012年以降、すべての資産の申告を義務付ける税法7/2012が開始されて以来、70,000人のドイツ人が島に住んでいると推定されていますが、そのうちの50,000人が住民登録をしていないとされています。

カタルーニャは、モロッコ人が住居購入をするのに特にお気に入りとされているの地域です。一方で、フランス人は主にコスタブラバを中心に、別荘の市場ランキングでリードしています。

同じくフランス人のオリヴィエ・エスプラス (42歳でトゥールーズ生まれ) は、学生時代に出会ったパートナーと一緒に暮らすために、24歳の時にバルセロナに来ました。「私のパートナーはスペイン人であり、私はここで送っている生活が好きなので、スペインに滞在することを決めました。スペインでは、人々ははるかにリラックスして生きていて、フランスよりもはるかに長生きできます。」と、彼は断言します。

彼は2004年に現在住んでいる自宅を購入し、2006年に入居し始めました。「バルセロナに非常に近いヴァレス・オクシデンタルの小さな町、ルビーにある、2人用に最適な約85m2のフラットです。」と彼は付け加えます。彼はバルセロナの隣にいられて幸せなのですが、「私は将来海の近くに住みたいです。おそらくカタルーニャの北部、コスタブラバあたりに。」と言います。

2008年からスペインに住んでいる、オーストリアのグラッツ生まれの34歳のテレジアの場合のように、バルセロナは多国籍な土地です。彼女はエラスムスの学生として最初に来て、愛のためにここに滞在しようと戻ってきました。彼女は現在、オーストリア大使館の商業事務所でカタルーニャの公式ツアーガイドとして働いています。

2017年10月、オルタ・ギナルド地区のシウダー・コンダルでパートナーと暮らす家を購入。彼女は「第一に愛のために、次にバルセロナの人々の前向きな態度や人生に憧れてここに定住することを決めました。バルセロナは国際的で多文化都市であり、海も近くて本当に贅沢です。」と、彼女は言います。

投資目的がなんであれ、気候、生活の質、文化、美食とトップの歴史を持つ国で居住したり休暇を楽しんだりするため、スペインは、EUと非EUの外国人が共に家を取得するための主要な目的地の一つとなっています。


まとめ

スペインは多くの外国人が住宅を購入する国の一つとなっています。投資目的や別荘としてアクセスの良さ天気が良い長生きする国海が近いなど理由は様々ですが、今後も増える可能性は高いと言えるでしょう。


20回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) All Rights Reserved

  • Facebook
  • Instagram