ヨーロッパの景気回復はU字型

最終更新: 10月10日



世界中の600人の著名企業のCEOが調査に回答し、コロナ禍後、世界の主要経済国で経済状況がいかに早く回復するかを分析しました。結果は楽観的で、回答者の42%が、2020年の第3四半期からの回復は少し遅いと予測していますが、景気回復はU字型になると予測しています。


欧州のCEOの半数以上(55%)がU字型の回復を予測しており、その割合は世界平均よりも高いです。観光業の復活による経済回復を見込んでいると思われます。


景気回復には、L字型、U字型、W字型、V字型の4つの方法があります。


L字型

L字型回復急下降し、底入れ後、上昇せずに横這い状態が続く。 経済の急激な低下、その後の回復期間は遅い。失業率が低くならない特徴があり、以前の経済レベルに回復するには数年かかります。



U字型回復

弱々しいけれど、緩やかに回復する。経済は数四半期から最大2年間停滞してから、健全な上昇を経験して以前の水準に戻ります。 W字型回復いったん成長軌道に乗るものの、先細りになり、再び底を打ち、また回復していく。 回復の見通しが出て、その後急激な減少に戻り、最終的に最大2年間の完全な回復期間があります。これは、1980年代初頭に見られたのと同様に、「ダブルディップ不況」としても知られています。 V字型景気の急激な落ち込みの直後に、特に経済対策と個人消費により、1年足らずで以前の経済水準に急速に回する。


まとめ

日本経済は約半数がL字型回復と悲観的になっていますが、ヨーロッパは観光業の復活を想定し、U字型回復を予測しています。

20回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) All Rights Reserved

  • Facebook
  • Instagram