• yukimineriverostra

外国からの不動産需要、20%成長

Updated: 2 days ago



不動産ポータルpisos.comは、2021年、外国からのスペイン不動産需要は20%成長すると予測しています。

スウェーデンを筆頭に、英国、フランス、ドイツ、イタリア、モロッコからのスペイン不動産需要は、2021年に20%成長する事が見込まれています。なお、最も増加が期待される地域はアンダルシアで、これにカタルーニャ、バレアレス諸島、カナリア諸島、バレンシア、ムルシア、マドリードが続いています。


この予測は、国際的に進んでいるConvid-19の予防接種計画が、居住用住宅、別荘、不動産投資用の不動産購入を後押しすると考えられている為です。


同ポータルによると、観光客向け賃貸も、2020年に失われた30%の多くを回復するために、再び成長するだろうと予測しています。


「毎年登録されている年間約50万件の不動産取引の内、約13%を外国人購入者が占めており、昨年はパンデミックと国境封鎖の影響を受け約6万5千件の取引が影響を受けた事を考慮すると、スペインにとって国際的な不動産需要が重要なのは明らかです」と同ポータルの分析長は説明しています。


なお、休暇用不動産事業に関しては、サンタクルス・デ・テネリフェ、ラス・パルマス、アルメリア、タラゴナ、バルセロナ、バレンシア、カディス、アリカンテ、マラガ、ジローナ、グラナダ、バレアレス諸島、ムルシアの地方において、需要が増加する事が見込まれています。


また、当分析長によると、マドリード、バルセロナ、バレンシア、セビリアなどの大都市における新築市場は、需要の増加や購入価格並びに賃貸価格が徐々に安定してきたことから、上半期には活動が少しづつ増えてきたといいます。


まとめ


国際的にConvid-19のワクチン計画が進んできている事から、不動産事業を含む様々な分野の活動が再活性化してきました。その為、まだ、不動産争奪戦が激化していない今こそ、理想の物件を手に入れる為に不動産投資する事をオススメします。なぜなら世界情勢が安定してきた頃には、多くの外国人投資家が不動産を獲得しに殺到するからです。





5 views0 comments

Recent Posts

See All
  • Facebook
  • YouTube

Takumi Spain Copyright (C) All Rights Reserved